2018年9月18日 (火)

18.9/18 21P,38P,   ・秋田 勲

京都の秋田です。
 
最近、なかなかいい天気に恵まれません、
今朝がた幸運にも彗星の方向のみ晴れていましたが、透明度はよくありませんでした。
街中ですので津村さんのような暗い空での星の色合いや彗星の姿にはとても及びませんが
こんな感じで眼視でもかすかに見えていました。
12月のビルタネン彗星に期待したいですね。
では
 
21P
180918_21p_iakita
21P
180918_21p_iakita2
38P
180918_38p_iakita
 
秋田 勲(京都府城陽市)2018/09/18 16:00 (HAL-News:1843)

21P&NGC2174 33年前にも接近   ・津村光則

津村です。
 
33年前も接近してたんだ。
この21P、当時は周期彗星にはまだ番号がふられてなくて、1984eという仮符号が
ついていました。これは1985年9月14日の撮影ですが、ジャコビにジンナー彗星が
NGC2174/75に近かっただけでなく、その時はまだ暗いハレー彗星も近くにありました。
津村
 
21P&1P&2174 (1985.9/14)
180917_21p_1p1985_mtumura
 
津村光則(和歌山市)2018/09/18 13:29 (HAL-News:1841)

2018年9月17日 (月)

18.9/16 46P,64P,21P, ・田中哲夫

福岡 田中です。

台風および地震に遭われた方、お見舞い申し上げます。
福岡は台風以来「昼間は晴れ、夕方から曇り」の毎日で星の見えない日が続いてます。

「久しぶりに夜は晴れそう。」と言うことで遠征してきました。
途中何回かガスと雲に邪魔されましたが、なんとか撮影できました。

46P かなり淡いイメージ、14~15等位?
    12月には明るくなるので楽しみです。

64P 暗い割にはしっかりしたイメージ。淡く尾が広がっているようです。

21P 近日点は通過しましたが、まだまだ写りがいいですね。
    左上はモンキー星雲。津村氏が言われていたように同時にクッキリとはいか
        ないですね。
    
38Pも撮影しましたが同定できていません。

撮影後20cmで覗いてみました。52倍で視直径20’、7.4等と見積もりました。
以前と比べ少し拡散したような・・・、尾も10’ほど見えています。

46P
180916_46p_ttamaka
64P
180916_64p_ttanaka
21P
180916_21p_ttanaka
 
田中哲夫(福岡県) 2018/09/17 22:56 (HAL-News:1840)

18.9/17 21P/Giacobini-Zinner 眼視 7.2等   ・岩城好高

和歌山の岩城です。
 
曇天が続いていましたが、夜明け前に素晴らしい透明度で晴れてきたので、
久しぶりにGiacobini-Zinnerを観測しました。
ふたご座の散開星団M35の近くη星の傍で、まだ光度も衰えず、美しい姿を見せて
くれています。
 
IIIYYYYMnL YYYY MM DD.DD eM/mm.m:r AAA.ATF/xxxx /dd.ddnDC /t.ttmANG *OBSxx
021    2018 09 16.81 S  7.2  10.0B  14  6  5      岩城好高
 
岩城好高(和歌山県橋本市)2018/09/17 08:36 (HAL-News:1839)

2018年9月16日 (日)

18.9/15 21P 薄雲を通して  ・横川幹夫

宮城県気仙沼市、九多丸(くだまる)観測所の横川です。
 
21Pは賑やかな所にいます。
晴れ間を求めて、宮城県と山形県に跨がる蔵王山へ行って来ました。
蔵王刈田岳山頂駐車場です。薄雲やガスの間からの撮影でしたが、輝星が滲んでしま
いました。
麓の光害が有りますが支障なし。ノートリミング。
           気仙沼天文研究室 横川 幹夫
 
21P
180915_21p_myokokawa
 
横川幹夫(宮城県気仙沼市)2018/09/15 12:46 (HAL-News:1837)

2018年9月15日 (土)

18.9/12 21P,64P, 晴れ間より  ・横川幹夫

宮城県気仙沼市、九多丸(くだまる)観測所の横川です。
ちょっとの晴れ間からの撮影です。
薄雲が流れ、広く北天は光害、各70%トリミング、上が北です。
          気仙沼天文研究室 横川 幹夫
 
21P
180912_21p_myokokawa
64P
180912_64p_myokokawa
 
横川幹夫(宮城県気仙沼市)2018/09/15 12:46 (HAL-News:1837)

2018年9月14日 (金)

18.9/11 21P,38P,46P,64P, 久しぶりの星空  ・横川幹夫

宮城県気仙沼市、九多丸(くだまる)観測所の横川です。
 
ちょっとの晴れ間はあったものの、久し振りの星空でした。
広く北天は光害、各70%トリミング、上が北です。
         気仙沼天文研究室 横川 幹夫
 
21P
180911_21p_myokokawa
38P
180911_38p_myokokawa
46P
180911_46p_myokokawa
64P
180911_64p_myokokawa
 
横川幹夫(宮城県気仙沼市)2018/09/14 01:47 (HAL-News:1836)

2018年9月12日 (水)

18.9/12 21P M37に接近     ・渡辺信夫

新潟県長岡市の渡辺です。
 
雲間から21Pをとらえました。
恒星と重なっていますが、3センチファインダーでも存在がわかり、M37との対比が
綺麗でした。昔ながらのセミアボ屈折なので、どうしても青い滲みが残ります。
この画像を撮影している間、スカイマックス赤道儀を組み立てていましたが、再び彗星
は雲に隠れ、朝を迎えてしまいました。いつもの山道が土砂崩れで通行止めになってし
まいました。昨日はそれで涙を飲みました。そこで今朝は、あらかじめ役所に問い合わ
せて確認した土砂崩れの箇所を避けるように、スマホのアプリを頼りに別のルートを
開拓して目的地に向かいました。これで雪が降るまで大丈夫です。
 
21P
Sept.12  3:08JST
6.5cm屈折
焦点距離400mm
ISO 1600  120秒
Canon 60Da
SKY MEMO R
 
21P
180912_21p_nwatanabe
 
渡辺信夫(新潟県長岡市)2018/09/12 07:35 (HAL-News:1835)

2018年9月11日 (火)

18.9/10 29P,37P,38P,48P,59P,64P,65P,66P,78P,131P,137P,17K2,17M4,17M5, 14彗星 ・水野義兼

可児 水野です
昨夜から今朝未明の観測です
多いので 2回に分けます 29Pは星雲と重なっています C/2017M5も枚数が多いと
恒星に重なってしまい4枚のコンポっとでやっと確認できました。 
59Pも確認できました。
 
2018/09/10
021P( P/Giacobini-Zinner)    2018/09/10.728 UT 7.6T (画像送付済み)
029P(Schwassmann-Wachmann)2018/09/10.670 UT 12.7T
037P (37P/Forbes)         2018/09/10.682 UT 15.3T
038P (Stephan-Oterma)      2018/09/10.736 UT  12.9T
048P (P/Johnson)          2018/09/10.645 UT  12.9T
059P (Kearns-Kwee)        2018/09/10.757 UT  18.4T
064P  (P/Swift-Gehrels)           2018/09/10.718 UT 13.5T
065P(Gunn)                           2018/09/10.656 UT  17.4T
066P (du Toit)                        2018/09/10.706 UT 16.1T
078P ( P/Gehrels)                    2018/09/10.632 UT 14.9T
0131P (Mueller)                 2018/09/10.695 UT 18.9T
0137P (P/Shoemaker-Levy) 0  2018/09/10.617 UT 17.3T
C/2017 K2 (PANSTARRS)        2018/09/10.544 UT  17.8T
C/2017 M4 (ATLAS)                2018/09/10.526 UT 14.5T
C/2017 M5 (TOTAS)               2018/09/10.569 UT  18.5 T
共通デ-タ-
320L (F5.4 fl=1740)+ST9XE CCD
測定はステライメ-ジ 8 比較星表は USNO-A2.0
岐阜県可児市  水野義兼
 
29P
180910_29p_ymizuno
37P
38P
180910_38p_ymizuno
48P
180910_48p_ymizuno
59P
64P
180910_64p_ymizuno
65P
66P
180910_66p_ymizuno_2
78P
180910_78p_ymizuno
131P
137P
17K2
17M4
180910_17m4_ymizuno
17M5
180910_17m5_ymizuno
 
水野義兼 (岐阜県可児市) 2018/09/11 23:35 (HAL-News:1833-4)
------------------------------------------------------------------------
編注:「HAL-News ML」登録の方には全画像を配信しております。希望者は事務局まで。

18.9/10 21P,38P 眼視  ステファン-オテルマ眼視初確認  ・相川礼仁

坂戸(埼玉)の相川です。
 
10日(月曜朝)の2彗星です。
 
最近は快晴の星空がなかなか訪れず、この日も雲量8の空でしたが、透明度は良く、
ダメ元で望遠鏡をセッティングして観測を強行しました。
幸い雲で覆われることもなく済みました。
 
21P/ジャコビニ・ツィンナー彗星は、依然集光の強い姿で尾がよく伸びています。
3cm8倍の双眼鏡でも小さい光斑として確認できました。
 
38P/ステファン・オテルマ彗星を、初めて確認できました。
集光のある小さく淡い光斑で、20cmでは限界に近い明るさ(暗さ)です。
12.8等星とほぼ同じか、わずかに明るいとしましたが、彗星近くの13等星の方が楽に見えます。
最微星は13.7等の条件でした。
 
IIIYYYYMnL YYYY MM DD.DD eM/mm.m:r AAA.ATF/xxxx /dd.ddnDC /t.ttmANG *OBSxx
  21        2018 09 09.73 xB  7.4 TJ  3.0B     8   6    4             相川礼仁
  21        2018 09 09.75 xB  7.3 TJ 20.3T10  62   3    5/  17  m270  相川礼仁
  38        2018 09 09.78 xS 12.6 U4 20.3T10 167   1    3/            相川礼仁
(Guide 9.1使用・埼玉県坂戸市内にて)
 
相川礼仁 (埼玉県坂戸市) 2018/09/11 23:14 (HAL-News:1832)

«18.9/10 21P 違う光学系にて   ・水野義兼